« 白いアガパンサス | トップページ | グリーンシャドウと富士の滝 »

2009年7月 3日 (金)

友人の振袖・・・♪

     採れたての瑞々しいトマトです。
        ・・・と言っても、いただき物で
     ご近所の友人宅の菜園で採れたトマトですsign01
                                
P7021288_10         

   友人は花を育て・・・
   御主人は家庭菜園でたくさんの野菜を育てていらっしゃいます。

   「お天気が悪くて、甘味が足りないけど・・・」と言われましたが
   しっかりと実が詰まって、美味しいトマトでした。
   「いつも、ありがとうございます」delicious

   ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
                                     
  
   昨日、その友人が縫った「着物のリメイク」を
   持ってきて見せてくれました。
   「出来上がったら、見せてね~~」と言っていたのです。

   なんとsign01振袖で 「掛け布団カバー」を縫ったそうです。

P7021281_4   P7021282

   upwardright ファスナー開きで、内側はシーツを使ったそうです。
 
   華やかでしっとりとした絹の肌触りが広がります。
       

   「なんて大胆な事を・・・」 と、思いましたが
   友人のお友達が、振袖で「掛け布団カバー」を縫って
   使っているそうで、勧められたそうです。

   友人は、その布団カバーを見せてもらって
   「息子が二人いるけれど、振袖の使いようもないし
   仕立て直す事もないだろう・・・」 
   それならば・・・と、実家のお母様にも断って
   思い切って振袖をほどいたそうです。

   華やかな着物は、リメイクするとしたら
   普段の洋服には向かないし、扱い難い「素材」かもしれません。
   毎日使う、「掛け布団カバー」にするのは
   勇気が要りますが、いいアイデアだと思います。

   ちなみに、私の着た振袖は
   二人の娘が、成人式に着てくれました。
   幸いにも、それが1番いい形かもしれませんconfident
                     
 
   着物は・・・
   20年、30年と時を経て、誰かが袖を通すもよし
   思い出深く、箪笥に眠るもよし
   掛け布団に生まれ変わるのもよし!・・・・・でしょう。

   秋口からこの豪華な布団を掛けて眠る友人は
   どんな夢を見るのでしょうか・・・ (*^-^)      
   
      

   
   
   
   
   
   

« 白いアガパンサス | トップページ | グリーンシャドウと富士の滝 »

手作り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~~
いいアイディアかもしれませんね!!箪笥で
眠っていても見られませんし、毎日見にまとうお布団ならいつも思い出に囲まれて眠るのですもの、贅沢ですよね~~女の子が居ない
人には他の物に利用するのが良いと思います
それにしても思い切られましたね~~

アガパンサスさん、こんにちは^-^
トマト、美味しそうですね。
我が家でもトマトが取れるようになり、英語から
帰るとテーブルの上に6個のトマトがおいてありました。
夫が午前中に収穫したそうで、今までは一日に
1~2個だったので急に大収穫で嬉しいです。

振袖の掛け布団カバーへのリメイク、とても
良い考えだと思います。私のお友達は座布団
カバーにリメイクされたそうですが、どちらも
良いアイデアですね。
私は10年前ごろ振袖の一部をパッチワークに
しましたが我が家のインテリアには合わないと
思ったのでそのまま放ってあります。
もう布団カバーにはならないかもしれません。
何か良い物にリメイクしたいです。


こんばんは~
豪華な振袖リメイクのお布団をかけて、
青春時代の夢を見るのでしょうか・・・shine
ベットカバーにするという話は聞いたことがありますが、
お布団生地にリサイクルrecycleとは初耳です。ear
私も振りそでが「箪笥の肥やし」になって、ウン十年経ちます・・
いつか何かしらの形で、リメイクできればよいのですが・・・。
採れたてのみずみずしいトマトが、おいしそうで・・・
この季節は、丸ごとかぶりつくのもgoodですよね~

こんばんは。
ココフラッシュでタイトル見せていただき、気にかかっていました。
何とまあ、豪華な掛け布団カバーでしょうか?
自分なら、どうしたろうか?と思いました。
私の世代の人は振袖を持ってるのはお嬢様くらいでしょう。
訪問着がやっとでした。

でも、絹はいいですねぇ。
マフラーでも絹が一番です。
見せて下さいましてありがとうございました。

mailto 吾亦紅さん、こんばんは~
「息子に嫁が来て、自分が年老いて
この着物が邪魔になるよりも・・・」
・・・なんて思ったら思い切れたそうです。
着物は特別なので箪笥に残して置くのもいいですし
普段使いにつくり直すのもいい事だと思います。
それにしても豪華な布団ですよね~happy01


mailto hiroさん、こんばんは~
友人宅も御主人が野菜を作られていて
庭が少しずつ畑に変わっていってます~

振袖のリメイクは色々あるんですね。
hiroさんのお友達は座布団カバーで
↑ベッドカバーにされる方も居られるようですね。
我が家は娘二人が着てくれて母も喜んでいました。
当分はこのまま箪笥の中でしょうね・・・confident
hiroさんの振袖もリメイクの出会い?があればいいですね。


mailto のどかさん、こんばんは~
豪華な布団で「お姫様みたいね~」
と、言ったら大笑いでした。
ベッドカバーもいいアイデアですね。

2年前の長女の結婚式でプロに頼んで
私の訪問着を娘のお色直しのドレスに
仕立て直したんですよ。
今度アップしてみようかな~と思いますが
娘の許可が要りますかね~?confident

mailto ウッシーさん、こんばんは~
振袖って華やかな着物です・・
タイトルも豪華になりますね!

私の世代は親が必死に作ってくれた時代?かもしれません。
有難いことですね。
今は、振袖のレンタルサービスがすごいですよ。
お孫さんが年頃になられたら
あちこちからダイレクトメールが送られてきて驚かれるでしょうwink

肌触りも衣擦れの音も豪華な布団カバーでしたshine

loveletterアガバンサスさん こんばんわ~!
振袖のリメイクで 掛け布団カバー すごいアイデアですね。
私は 振袖でなく 訪問着でした。
友人の結婚式で 何度か手を通したので
着物の中では 着た回数が多いほうでしょうね。
着物は そのまま和服で着れたら 最高ですよね。
着付け教室に行ったのに 今はもう
帯の結び方も忘れてしまいました~coldsweats02
しつけのかかった着物を 次々 着付け教室にもって行って 着付けして 
そのまま着て帰った思い出があります。
タンスの中は 私の着物以外に 実家を壊すとき持って帰った 
母の着物まで ギュウギュウ詰めです~happy01

アガパンサスさんおはようございます。
振袖をsign02ってビックリしましたが
タンスに入れておくことを思えばいいアイデアかもしれませんね。
実家にも着物を入れたままのタンスが放置されてます。
誰もいなくなってもう10年近く。
整理しに行かなくてはいけないのですが、遠いのでなかなか行けません。
使えるものがどれだけあるかわかりませんが・・・
何かに形を変えて残せたらいいですね。

mailto ゆきこさん、おはようございます~
着物をたくさんお持ちなのですね。
それぞれに思い出もおありなのでしょう。
着物として着る事ができればベストですね・・confident
「着物を着る会」というのがあって
月1回、着物で集まるらしいですが
そういう会に参加したいと言ってる着物の好きな友人もいますが
会に参加するチャンスはまだないようです。

振袖の掛け布団カバーは肌触りも豪華なものでした~shine

mailto Happyさん、おはようございます~
友人も作ると決めたものの
最初に糸を解くときは勇気がいったそうです。
着物を着る機会があれば仕立て直すこともあるのでしょうが
いい決断をしたと思います。
↑ベッドカバーのアイデアもいいなと思いましたconfident

天満宮とかで「着物を着る会」で集まっている方たちを
見かけたことがあります。
着物は袖を通すのがベストなのでしょうが
箪笥の中・・が多いですね。

そうですよね~。
Eko社会ならではの、「振りそで」その後。
毎日使う布団にリメイクですか、
仰るように素晴らしい発想!

アガパンサスさん、
お友だち素敵な夢が見られそう~。

flagこんにちは
これはなんと豪華な掛け布団でしょうshine
御所車の振袖やったんですね^^
振袖を解かれるとは・・・ほんまに勇気がいったことでしょうねhairsalon
けど・・・おっしゃる通り振袖がこの先何十年もタンスの暗い中で眠ったままと言うのも可愛そうですやんね。
布団にすれば毎晩思い出の振袖に会えるし・・・heart02
振袖は洋服にリメイクしにくいですしねcoldsweats02
このリメイクは良い勉強になりましたわnote

mailto shizuoさん、こんばんは~
着物は誰かに袖を通してもらえるのが1番いいのでしょうが
こうして身近な物にリメイクするのもいい事だと思います。
「これは振袖だったのよ~」と話題にも出来ますしね・・・confident

mailto じのさん、こんばんは~
私は安い古着の着物をリメイクしたりしますが
自分の着物を解くのは勇気が要りますね。
2年前、娘のお色直しのドレスに訪問着を仕立て直しました。
もちろん、プロの方にお願いしたのですが
素敵なドレスになりました。
着物のリメイクは魅力がありますねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515082/45519405

この記事へのトラックバック一覧です: 友人の振袖・・・♪:

« 白いアガパンサス | トップページ | グリーンシャドウと富士の滝 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ