« ルクエスチームケースでパスタ | トップページ | ロールカラーのベストチュニック・・・♪ »

2012年2月15日 (水)

「繕い裁つ人②」を読んで・・・

以前、ブログに書きました。  →こちらの記事

生まれて初めて買ったコミック本「繕い裁つ人」

 

その後、続編が気になって検索したらすでに発刊されていました。

たぶん近くの本屋さんには置いてないだろう・・・と思って

ネットでクリックpc

便利な世の中です・・・送料無料で届きました。

P1020059

  1、2と揃いました。

 

  読みました。

 

  んん~やっぱりいいなぁ~~

 

 

  このコミックのどこに惹かれるのか・・・confident

 

  帯に書かれた文章を紹介します。

 

      どこか懐かしい町並みに響くミシンの音。

     ここは、祖母の志を受け継いだ2代目、

     南 市江が営む「南洋裁店」。

     着る人がお墓まで持っていける服作りを信条とする市江と

     この店を訪れる客たちとの、優しい優しい物語。

 

     服に命を宿す人。

 

        

 カタカタカタ・・・とミシンの音が聞こえてくるようです。

 

 

 

 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

 

   で・・・

   縫物をしたくなりました(単純です(^-^;)

 

   冬物セールで買った生地です。

P1020040

    今から縫物しますhairsalon

 

 

 

« ルクエスチームケースでパスタ | トップページ | ロールカラーのベストチュニック・・・♪ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

外は雨。静かな一時、、、ステキな一文読んだなら、すっかり詩人になりました。(すぐに影響うけるのです)
ただアガパンサスさんと違うのは、「今から、縫い物します」と、言えない自分 (^^;)
感じの良い生地求められたのですね、どんな物が出来上がるのか楽しみ~に待ってます。

「ミシンの音」…カタカタ…いいですね。
最近の電動ミシンはダダダダ~~と、ちょっと耳障りな感じがします。
実家にある足踏みミシンの音…足を緩めていく時の音が大好きですconfidentheart04

朝の連ドラのような洋裁店…
今では街から姿を消してしまいましたね。
お洋服も良い物を長く愛用することから
大量生産、大量消費へと・・・時代は変遷し…
だからこそ、
どこか懐かしい手作りの温もりが感じられる物に
魅かれてしまいます。
↑素敵な生地~heart仕上がりが楽しみです。

2巻の表紙の絵。
カタカタ…というミシンの音。
NHKのカーネーションを思い浮かべますconfident
毎朝欠かさず見ています。
古き良き品物って、味があって良いですよね~。

素敵な生地が、どのように変身するのか楽しみですnote

mailto ケセラセラさん、こんにちは~
縫物に関する事にはすぐに感化されます。
実際のミシン仕事はカタカタカタ・・・とはいきませんがsweat01
イメージは大事な原動力ですかねwink

mailto 小夏椿さん、」こんにちは~
足踏みミシン、いいですよね。
実家にあるんですね…羨ましいです。
もう一度、カタカタ・・と踏んでみたいですconfident

mailto のどかさん、こんにちは~
コミックの中のセリフに
「たった1人のための洋服を
たた1人でじっくり作り続ける・・・」とあります。
頑固な主人公の信念なのですが惹かれますねconfident
現実は・・・イメージとは程遠いガタガタ洋裁ですけどねwink

mailto mi‐koさん、こんにちは~
朝ドラのレトロな雰囲気もいいですよね。
足踏みミシンの音も心地よくて憧れます。
いいイメージにすぐに感化されますが
現実は・・・カタカタと心地よくは進みませんねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515082/53989469

この記事へのトラックバック一覧です: 「繕い裁つ人②」を読んで・・・:

« ルクエスチームケースでパスタ | トップページ | ロールカラーのベストチュニック・・・♪ »